YAPLAB

"Be Always Professional." ビジネス系SNS・便利ツールを活かした働き方、キャリア、コミュニケーションに関することを綴っていきます。

【キャリア】履歴書・職務経歴書のポイント

f:id:yapiro:20180818223803j:plain

履歴書

資格

応募する企業の要件に応じて、記載する、しないを決めてもいいと思います。特に、TOEICなど点数が低い時にはあえて書く必要はありません。

趣味、特技

野球、サッカー、〇〇鑑賞など一般的な趣味よりは、たとえば

  • 完走、競争目的の競技 トライアスロン、フルマラソン、ウルトラマラソンなど
  • ボランティア
  • スキルセット など、ビジネス以外の側面や最後までやり遂げるというマインドを暗にアピールします。

志望動機

これまでの自分の働き方から、なぜその企業なのか、持続可能な成長とキャリアの目標を見据えて、簡潔に記載します。

職務経歴書

要約、職務概要

大学卒業後のキャリアについて、どのような職務にどれくらい従事してきたのか簡潔に記載します。

活かせる経験、知識

例えば、

  • 企画力
  • 情報収集力
  • アカウントマネジメント
  • リーダーシップ
  • チームマネジメント
  • コミュニケーション能力
  • 論理的思考能力

など、自分の得意分野、実績を記載します。

職務経歴詳細

  • 勤続期間、会社名
  • 事業内容
  • 資本金、従業員数、上場/非上場
  • 職務内容
  • エリア
  • 取引顧客
  • 実績
  • プロジェクトの背景、成果、自分の役割
  • ポイント

自己アピール

普段から心がけていること、成果に至るまでどんな問題があり、どのように解決したのか、相手の会社の価値観、相手の会社の言語で自分のキャリアを語ることが大事です。

あまり1つ1つの文章が長くなり過ぎないように、2ページ程度に納めるのが良いでしょう。

参考サイト

コンサルタントになるための履歴書・職務経歴書の書き方 - コンサルティング業界特有の面接 -|転職サービスのムービン

チェックポイント|職務経歴書(レジュメ)の書き方マニュアル|転職ノウハウ&ポイント|外資系・海外転職は転職エージェントJAC