YAPLAB

"Be Always Professional." ビジネス系SNS・便利ツールを活かした働き方、キャリア、コミュニケーションに関することを綴っていきます。

”demerit”の意味と使い方

日本語で「デメリット」というと、「欠点」や「短所」など、良くない意味を指すと思います。

ある打合せで、新しいサービスについて説明した後にお客様から返ってきた一言。

“I don't see any demerit about this service."

「このプランにデメリットが見当たらない。」

意味はわかるのですが、「メリット」、「デメリット」は、英語の”merit“, ”demerit“とは少し異なります。

「メリット」は日本語で言うと「利点」、「得」の意味合いで使われますが、英語で言う「利点」は"advantage"が適しています。その逆のデメリット、「欠点」、「損」は"disadvantage"ということになります。

”I don't see any disadvantage about this service."

一方、英語の”merit"は「長所」、「実績」、「価値」といった意味合いがあります。

"This restaurant merits a five-star rating."

「このレストランは5つ星の評価を得ています。」