読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yapiro Lab

Be all professional. Notes of multiple worker as IT sales, translator, work-life advisor

「働き方の進化」のための情報管理、名刺管理サービスを考える Vol.1 Eightを使う理由

働き方における情報管理、その中でも名刺は貴重な資産であり、アナログツールの「最後の砦」とも言われています。

私はSanSan社の個人向け名刺管理アプリ・Eightを使わせてもらってます。

これまで、

  • ScanSnap S1100で名刺スキャン→すごい名刺管理 (現CamMinder?)
  • CamCard
  • Eight(現在)

と使ってきましたが、昨年Eightを本格的に使いだしてから、だいぶ地に足がついてきました。

お客さんと名刺交換をさせていただいて、和やかに打合せを終えた後に「Eight使ってますか?」と聞いて、興味を持たれた方を招待してみたり、メールや電話とは違った接触、交流と情報共有の機会にも活用できます。

国内でシェア7割を超えるEightの強みを3つあげてみます。

認識率の高さ

高いOCR認識に加え、専任のオペレータが手入力で登録してくれます。すごい名刺管理、Camcardでは名刺を登録した後に、残った文字化けを自分で修正していました。

コミュニティ

Eight上での投稿を通じて、繋がっている方々との交流を楽しめます。Facebookとはまた違ういい雰囲気があります。今年も一つでも多くの貴重な出会いができるよう、継続していきます。

将来性

法人向けのSanSanは、帝国データバンクSalesforceなどとの連携が可能です。Eightとの連携も可能性があるようなので、こちらは期待しています。

www.sekai-lab.com

日本発のクラウド名刺管理サービス、世界で使われるツールになってほしいです。

 

とても使いやすい反面、使っていると改善要望も出てきます。これについては追々。

次回は、国内と海外の名刺管理事情について考えてみます。