読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yapiro Lab

Be all professional. Notes of multiple worker as IT sales, translator, work-life advisor

就職、転職の面接で質問することリスト Vol.1

就職、転職でいろいろな面接本があります。面接の受け応えは大事ですが、個人的には最後の質問時間でどういう質問をするか、つまりは「質問力」がものを言うと思います。質問をすることで、その人となりや覇気が出るからです。

正解はないのですが、私は下記をベースに質問しています。

  • 日本、グローバルの市場シェア、売上規模、推移、今年度の目標
  • 日本(東日本、西日本)のビッグユーザー
  • 再販業社、協業パートナー
  • 案件あたりの取引額(Deal Size)、保守の割合
  • 新卒、中途社員の活躍ステップ
  • 中途社員のバックグラウンド
  • 業務範囲
  • 会社の勉強会、サークル、課外活動の種類、有無
  • 直接営業(High-tough Sales)、間接営業(Partner Sales)
  • 何を期待しているか

「業務範囲」というのは、特に外資では内資に比べ、自分のスコープ*1がはっきりしていますが、リソース不足で少人数でまわしていることが多いので、自分の評価に繋がらないタスクを負うことになることもあります。その場合にどのように対応しているか、責任分担能力を確認する意図があります。

また、「何を期待しているか」というのは、「自分がどういう仕事をしたいか」、という候補者の思いと、「どういう人を求めているか」という採用側の思いの差異を図ることになるので、両者の期待値をできるだけ埋める上でも大事なことだと思います。

*1:scope: 活動や動作などの対象の範囲